無宗教葬をする前に

最近は、宗教色の無いお葬式を承る事も、少しずつですが都市部で増えてきているようです。
従来は、お葬式の際には代々ご縁のあるお寺(菩提寺)のご住職に、読経をお願いする事が常でした。近年の宗教離れや、日頃はご縁の無いお寺様に葬儀の時だけ読経をお願いする事をよしとしない方が、無宗教葬を選択されるようです。
もしも、無宗教葬をお考えの場合は、予めお墓について確認される事をお勧めします。


代々のお墓がお寺の境内にある場合は、納骨時にトラブルになる可能性があります。本来は、お通夜・告別式に菩提寺のご住職に読経をしていただき、戒名を授かる事が常識です。そのように供養されたお骨のみが、お寺の墓地への埋葬が許されます。無宗教で葬儀を行い、お骨になってからお寺のお墓に納骨を望まれても、トラブルに成りかねません。その事を、無宗教葬を行う前に良くご確認ください。単なる思いつきや、おしゃれだからと無宗教葬をすると、悔いの残る事もあります。


無宗教葬をご希望の場合も、埼玉葬祭業協同組合の加盟店にご相談ください。
親身になって、ご相談を承ります。