悔いの残らないお葬式のために
お葬式は、やり直しのできない大切なご家族とのお別れのセレモニーです。その準備をしておかないと、突然のご不幸に対して適切な対応ができません。
残念な事ですがご家族のご不幸に際して、最近は急遽インターネットで調べて葬儀を依頼し、「支払い葬儀代金のわりに、とてもお粗末なお葬式になってしまった」「最初に説明を受けた金額より、はるかに高額の請求をされた」、また予め互助会にご入会の方でも、「会員の積立金で全てが賄えると思っていたのに、追加料金の方が多かった」などの残念なお話をよく伺います。

結婚式であれば、複数の施設で見学会に参加したり、時間をかけて相談をしたり、詳細な見積書を
比較検討する事が可能です。しかし、葬儀になると「縁起でもない」と、事前に準備をされない場合が
一般的です。しかし、葬儀はそれなりの費用が掛かり、その時は突然やって来ます。
ですから、より慎重に情報収集などをして備える必要があります。

高齢のご家族が居られるのであれば、手始めにエンディングノートを記して貰うと良いかも知れません。
このホームページより< 無料エンディングノート >をダウンロードしていただけます。
無料エンディングノート


「どのようなお葬式にしたいか」「訃報を誰にお知らせするのか」「どの写真を遺影写真にするのか」、女性であれば「お別れの衣装はどうしたいか」など、高齢のご家族がお元気なうちに聞いておく事も大切です。
もしも、ご自身のお葬式をお考えになる場合は、どのようなセレモニーを望んでいるのかを具体的にご家族が分かるように伝えるようにしましょう。全ての人に必ず訪れる死、そのお別れの大切な儀式を悔いの残らないようになさいませんか。

埼玉葬祭業協同組合では、年中無休でお葬式のご相談を受け付けております。
悔いの残らないお葬式のために、どうぞ遠慮なく何なりとご相談ください。